分娩

2018年12月より分娩取扱を再開します。

 

  • 分娩

LDRシステムを採用しています。LDRとは、Labor(陣痛)- Delivery(出産)- Recovery(回復)の略で、すべての時期を同じ部屋で過ごすことのできる分娩室です。子宮口が開くまで陣痛室で過ごし、陣痛に耐えながら分娩室へ移動する煩わしさや、産後疲れ切っている状態ですぐに次の妊婦さんのために分娩室を空けなければいけないなどという状況は回避したいものです。LDRも全室個室で家庭的で温かい雰囲気のお部屋となっています。緊急帝王切開の際に速やかに施行できるよう、LDRの隣には手術室を設置しています。待機中のご家族の方にもゆっくりと過ごして頂けるラウンジがございます。

 

  • 病室

産後はリラックスして過ごしていただきたいとの思いから、当院の入院設備は全て個室となっています。部屋ごとにシャワー・トイレ・洗面台・テレビなど設置されていますので、他の方に気兼ねなく入院生活が送れます。プライバシーを守ることと、看護を充実させること、どちらも大切に考えました。尚、特別室1室を除き、分娩入院の際に個室差額料は発生しません。

 

  • お食事

産後は妊娠中以上に十分な栄養が必要となります。当院専属のシェフがお作りするお食事を楽しんで下さい。レストランで召し上がっていただく他、ゆっくり過ごされたい方には病室への配膳も致します。また、お祝いディナーサービスも行いますので、ご主人様も是非ご一緒にどうぞ。

 

  • 以下に該当する方は、より安全な出産のために高次医療施設での分娩をお勧め致します。
  1. 持病(高血圧・糖尿病・てんかん・心臓病など・・・)のある方
  2. 妊娠糖尿病でインスリン治療を要したことのある方
  3. 多胎妊娠(双子・三つ子・・・)
  4. 高度肥満(非妊時BMI30)の方    BMI=体重(kg/身長(m2

その他、「私は大丈夫かしら?」という方は医師に直接ご相談下さい。