更年期障害

一般に閉経前後の5年間を更年期といいます。

急に暑くなり発汗する、めまいがする、情緒不安定になるなどの症状は、女性ホルモンの欠落による更年期障害の可能性があります。

問診・内診・採血などで更年期障害と診断がつけば、治療を行うことで快適に生活が送れるでしょう。

治療の第一選択としてホルモン補充療法を行います。貼り薬(数日ごとに自身で貼り替え)を主に用います。

ホルモン補充療法を希望されない方には漢方療法や、適宜対症療法を行います。

代替療法として漢方療法やプラセンタ注射(ラエンネック、メルスモン)もあります。